ホーム >>最新情報
オメガ担当国際陸上競技連盟ダイヤモンドリーグ指定カウントダウン

Omega(オメガ)が務めるオリンピック指定カウントダウンでは広く知られており、2012年オメガ続いて国際陸上競技連盟ダイヤモンドリーグカウントダウンサービスを提供する。2010年ダイヤモンドリーグ創設以来、ずっとを務めオメガ大会指定カウントダウン。

 

国際陸上競技連盟ダイヤモンドリーグは毎年定期的に開催され、1駅試合丸一日、その主要な目標の一つは、陸上競技を強化するために世界的な影響力。2012年にダイヤモンドリーグ計計画され14戦を含めて、同様に最も注目のヨーロッパレースを、中国やアメリカの駅の試合。5月11日、新しいシーズン初試合がカタールドーハ幕。

 

オメガグローバル欧科華総裁は「楽しみにしています今度の試合で再び記録国際陸上競技連盟ダイヤモンドリーグの優秀な男女選手の卓越した表現。五輪との緊密な協力を通じて、私たちはすでに知られた多くのトップ選手が参加し、ダイヤモンドのリーグ戦の中で、これらの世界級のスポーツ選手の表現に現れます更に広大な観衆、光栄。」

 

には多くの世界トップクラスのスポーツ・イベントのカウントダウンとデータ処理サービスを提供し、オメガ担当スポーツクロノ多くの核心の技術の研究開発の仕事に、“撮影時間」のScan」O」DVisionゴールカメラはその一つ。

 

2012年にダイヤモンドのリーグ戦の中で、オメガを新たにスタートアップグレードの器を投入する。选手の反応時間はアクションゲージを通じ、後には完全にスタート器の圧力測定システム監視。児童から世界のトップ選手として、新しいスタートを監視器は一人一人のランナーの反応時間を調節する必要がなく、いかなる。

 

前世代スタート器に比べて、新しいスタート器の主梁より繊細で、前からの80 mmまで減少する50ミリということによって、女性や子どもよりスタート姿勢をとる可能性が。スタートペダルが以前よりもっと広い120 mmは、プラス160 mmということによって、ランナーが異なるスタート姿勢。



前ページ: オメガとVivaりおをブラジルオリンピックカウントダウン1週年
次ページ: 「隻眼侠」装着伯爵ポロ腕時計が現れ「復讐者連盟」