ホーム >>最新情報
エナメルの芸術、色の奇妙な魔法について

エナメルは水晶の遠縁にあたるその起源を遡ると地中海沿岸。古来、エナメルされたジュエリーやその他の運用は飾りはアクセサリーや後、この技法はヨーロッパて普及し風行。エナメルはガラスの混合物に加え、微量酸化金属で染めて多彩な色で、無限の色や色調を表現。

 

エナメル上薬の原料はフレークや粗粉、職人がまず原料を置いてすり鉢搗いてきわめて幼細い粉末、またその中の不純物を洗って、きれいに洗った後にエナメル上薬は蒸留水を浸しておく。

 

その後、工匠会エナメルを塗って、銅、銀や金(エナメルしか付いて、これらの物質の表面)製の胎の体になってこの件、創作エナメル芸術品の台座。付着一貫卓越性の伝統やブランド「永遠より要求のほうがいい」の格言を伯爵の創作エナメル腕時計に使うこと黄金カーカス。視や金属胎の体の違いの厚さは、必ず行うエナメル固形過程を防ぐため、胎の体は繰り返し制の過程の中で溶けて変形。は燃やして時、エナメル現れる華やかな色鮮やかで、エナメル職人もここで存分に発揮が巧みな工芸。

 

焼きは制作エナメルダイヤルキーステップに役立つエナメルと胎の体を粘着する固定。職人を胎の体を摂氏800度以上の窯で焼いて制約、40~60秒。この名は大明火(grand feu)エナメル工程の処理後、既製品とは最も純粋な状態を、以下に新しい。

 

時からは燃やして、エナメルの体積収縮しなければならないので、繰り返し職人を焼いて、やっと取得光麗つやつやの色の、またするすべての彫り紋スペースは満たされる。この段階では、エナメルや微細なひび割れが現れるので、全体の制作のプログラムの重要なステップ。形成割れ、職人の気持ちが水に流す須再開し、全工程。

 

完成後初焼き、エナメルが高い胎の体を使わなければならないので、砥石と清水全体の表面を削り。このプログラムを削りエナメルだが、同時にも表面を噴霧しなければならないので、エナメルまた一度窯焼き、令表面回復光沢、このプログラムを「焼結亮面」(glaze firing)。

 

一番早くエナメル技法を使って作られ金饰やジュエリー、15世紀から運ばれて作品の上に時計。その後、職人を研究して精進し、豊富な技術、彫刻で埋めエナメル(champlev E)、掐丝エナメル(cloisonn E)、透明なエナメル(flinqu E)とマイクロエナメル(miniature)は巧みな方法で処理しこの永久不変の材料。



前ページ: 伯爵のバラ色エナメルの魔法
次ページ: 貴族の専属、マイクロれんがをモザイク(micro-mosaic)芸