ホーム >>最新情報
ドバイなどで開催のロイヤルオーク40週年記念世界展に

を盛大な記念ロイヤルオーク(Royal Oak)時計誕生40週年、オーデマピゲ(Audemars Piguet)発表の本を出版300ページの著作を見せるべき伝奇表項の輝かしい過程。著作の豊富なイラスト、オーデマピゲ137年の広大な歴史は、表の角度によってファンを設計して詳しくそのシンボル的な表項は、1972年の誕生以来の発展の過程。「Royal Oak』(ロイヤルオーク)1本の出版に際し、当たる40週年世界巡回展覧は3月21日に開幕ニューヨークため、著書も公募展期間。また、ニューヨーク展期間に、40名の幸運な観衆が機会を、過去20年間務めているオーデマピゲ博物館館長のマーティンWehrliさんが特に著作の直筆サインの貴重なバージョン。

オーデマピゲ会長Jasmine Audemarsさんはこの前書きで言及、著作は「腕時計クリエーターG E rald Genta脱帽にすべてをロイヤルオークシリーズの成功のために出力のお礼をもっとすばらしい未来。同様に、オーデマピゲCEO莫菲利(フィリップ・Merk)さんに感謝です「熱愛ロイヤルオーク腕時計の家で、彼女たちの証令この伝奇表項の光まぶしい。確かに本著作記載」、過去から現在まで多くのエピソードや個人を感じながら、詳細な歴史資料を生き生きと反映オーデマピゲと腕時計業界全体の40数年来の起承転結。



前ページ: Swiss Auctionsオークション凱旋やり直せる
次ページ: Art Deco、エレガントな腕時計を達成