ホーム >>最新情報
非凡帕玛ジョニー・Tonda 1950 Clarity全ドリル腕時計の紹介

項の非凡の作として、Tonda 1950 Clarity全ドリル一見シンプルな構造の下で時計を隠しきめ細かな設計理念。1粒の慎重に考慮のダイヤモンドは、すべてこの壮大壮観な光景に不可欠な役割を発揮していることから、迷いの生成目「ビジュアル罠」(trompe l」&# 339;il)、全体の文字盤はドーム状のように。その光が差すフェイスは、自然に咲くダイヤモンド眩い光と独特の。


Tonda 1950 Clarity全ドリル腕時計のこのモザイク構造の理念の精緻な復雑で元気に、再びを裏付けた帕玛ジョニー・創造力。装飾文字盤のダイヤモンドの総数は620個(総重量2.495カラット)、ベゼルにはめたダイヤモンド総数も84個(総重量0.6460カラット)。

スーパーコピー代引き



前ページ: ロレックス、一目で判別できて、地球人にもなじみ
次ページ: 土曜日の店長紹介1項のジバンシー新しいFive Shark腕時計