ホーム >>最新情報
皮質の腕時計を極力避け水に触れる

時計日常メンテナンスや常識を身につける
皮質の腕時計を極力避け水に触れるように、バンドは硬く、臭くなる、ひいては、破壊の結果。特に汗が比較的多い友達、装着しないほうがいい運動や夏屋外装着
腕時計の時発生異状ならば、直ちにに送られる専門の時計店点検。

機械の全自動表でなければならない活動量が十分な場合、すなわち毎日使用しなければならないじゅう時間以上、正常に運行する。
場合によっては違うように装着の腕時計、運動時の最高選択防水や耐震性に優れた運動の時計。
表を表示があるならWATER RESESTENTや3ATMの腕時計、普通の情況に適用するだけ無圧力下の水しぶきや小雨。
特にみんなに注意して、いかなる時計はぬるま湯または浴室に装着するべきでなくて、たとえあなたの腕時計は防水時計、腕時計のシールゴム巻からは、熱老化やすく、そして週りの水蒸気分子が小さいがしみ込み易くケース、内部の損傷による機械。



前ページ: サファイアダイヤルは、18金の時計バンド、ぜいたく
次ページ: 時計を購入前に、サイズの腕時計