ホーム >>最新情報
常識、スイスムーブメントのプロセスを機械化あるいは半手作り修飾を中心に

コピー時計ムーブメントの修飾
最もよく見られるのスイスムーブメントのプロセスを機械化あるいは半手作り修飾を中心に。例えば真珠紋(perlage)を磨き、機械の動力と回転の研磨頭を一つ一つ手作業によって完成それぞれが「真珠」の研磨。
面取りbevel
ジュネーヴ波紋Cot EのGeneve / Geneva stripe
環状波紋Cot E s circulaires
太陽光Soleill E /サンray紋


直線曳糸Bross E lineaire / brushing、伝統の技術とgraineで、こだわりというセラック石(pierre gomme-laque / schellacストーン、サンドペーパーの前身)の材料部品が均一に磨き、繊細なテクスチャ。
環状曳糸Bross E circulaire
真珠紋Perl E、またはperlageという、
副木彫りGrav E / Engraving、腕時計に多くみられるイギリスやドイツブランド。



前ページ: パネライコピー、ハイテク完璧タブ工芸制
次ページ: 选び腕時計は非常に必要ですが、復雑なない