ホーム >>最新情報
耐久性で選ぶか? 機能やデザインを重要視するか?

広い道幅いっぱいに、同じデザインの自転車がひしめきあう、中国・北京の通勤風景は、すっかり今は昔。自動車通勤が当たり前になった中国に代わり、欧米、そして日本で自転車通勤がトレンドになっているのは周知の事実だろう。

 

ロードバイクにマウンテンバイク、クロスバイク、折り畳み式……機能やデザイン、色など実に多彩な自転車が、街を行き交う時代だ。燃料いらずで二酸化炭素も排出せず、毎日適度な運動にもなる。ウン、確かに自転車は、体にも地球にも優しい。しかし、こと時計にとっては、自転車は少しも優しくはないのだ。

 

ハンドルから伝わる振動は故障の原因になりかねない機械式ムーブメントの大敵。突然の雨で濡れることもあるし、転倒による強い衝撃の可能性だってある。だから自転車をライフスタイルに取り入れたなら、耐衝撃性と防水性に秀でたスポーツウォッチが第一の選択肢となる。機能的にはクロノグラフが、自転車にはハマる。通勤時間を記録するのに便利だし、タキメーターを駆使して平均速度を計測したりと、日常的に使うケースが少ないクロノグラフの機能が、自転車と組み合わされると、がぜん活躍してくれるから。適度なスポーティ感を備えるモデルであれば、オフィスに着いてから、ビジネスシーンでも使えるオールマイティな一本になる。

 



前ページ: 日本橋三越本店にてワールド ウォッチ フェア開催!
次ページ: パスザバトン表参道にて「小さな素材から世界を刻む」展