ホーム >>最新情報
グッチが時計職人のクラフトマンシップを体感できるイベント開催

グッチ(GUCCI)の日本上陸50周年をを記念し、ブランドのウォッチにおけるクオリティとクラフトマンシップを体感するイベント「グッチ ウォッチ アルチザン コーナー」を開催。2014年11月14日(金)より仙台で、11月21日(金)から名古屋で、11月28日(金)から京都で、それぞれ期間限定で行われる。http://www.yagimika2016.com/

 

グッチは、1921年イタリア・フィレンツェにて、ショップとファクトリーを創設。以来、レザーグッズをはじめ、ウォッチ、ジュエリー、ウェアなどさまざまなアイテムを、卓越したクラフトマンシップのもとに展開してきた。

 

本イベントでは、スイスのラ・ショー・ド・フォンの工房で長年培われたウォッチの製造技術が披露される。時計職人による、アイコニックな「インターロッキング ウォッチ」のレザーストラップの製造工程が紹介され、エンボス加工やカッティング、ステッチなどを間近で見ることができる。最後は職人が作成するイニシャルを刻印したスペシャルなプレートをつけることで、世界で1つだけのウォッチを手に入れることができる。



前ページ: シチズン プロマスターより、空から見た地球のような時計
次ページ: レプリカ時計グッチから東北支援のチャリティウォッチが登場