ホーム >>最新情報
ウオッチの新潮流──WIRED by Tomoki Sukezane

WIRED by Tomoki Sukezane──ファッションディレクター、祐真朋樹監修によるウオッチは、1970年代のアーカイブをもとにレトロなテイストを残しながらも、時代を超えたモダニティを表現したクールな仕上がり。
そのテーマはまさしく『アーカイブ』、コンセプトは『腕時計らしい腕時計』である。

 

ラインアップは、クロノグラフ、レトログラード、3針カレンダー。いずれも一世を風靡した70年代のSEIKOのウォッチがベースモデルだ。ウォッチメイキングの先陣をきってきたSEIKOらしい斬新なデザイン。
全7モデル、ケースからバンドにかけて、ステンレスに筋目や鏡面仕上げを施し、ステンレスのソリッドな魅力をレリーフ。また、シリーズ全体をシックなブラウンとグレーで展開することにより、 そのフォルムの美しさと機能性を際立たせている──WIREDのメイキングシーンは、“原点回帰”によるあらたなる歴史を刻みだした。

 



前ページ: スーパーコピー腕時計2月14日のバレンタイン、ブランパンで愛を語る
次ページ: 金色の腕時計の優雅な風、とても優しい女性