ホーム >>最新情報
レプリカ時計ロイヤル オーク オフショア MASATO クロノグラフ 限定モデル

スーパーコピー時計BRAND HISTORY
時計師のジュール=ルイ・オーデマが、幼なじみでもあった時計の仕上げ職人エドワール=オーギュスト・ピゲと共作を手掛け、1875年にブランドの歴史がスタート。82年に現社名のオーデマ ピゲの名称を正式に商標登録し、時計工房「マニュファクチュール」を開設する。

 

89年には、スプリットセコンド・クロノグラフや永久カレンダーなどの複雑機構を多数搭載した懐中時計「グラン・コンプリカシオン」を発表。94年には世界最小の懐中型ミニッツリピーターを手掛けるなど、創業当初から高い技術力を発揮した。

 

新世紀に入り、ブランドの運営が後継者たちへと引き継がれた後も、厚さ1.5mmという世界最薄の懐中時計を製作するなど、革新的な時計造りに邁進。世界最高のステイタスを誇る名門ブランドとして、20世紀も君臨し続ける。

 

1970年代に入ると、英国籍の軍艦の舷窓に由来した八角形ケースに、ブランド初のステンレススチールを採用した「ロイヤル オーク」(72年)を発表。時計界に、“ラグジュアリー・スポーツウォッチ”というジャンルを築き上げた同モデルは、現在も世界中から愛されるロングセラーとなっている。

 

1986年には世界で初めてトゥールビヨンを腕時計に搭載したモデルを発表。また96年には、創業者が手掛けた「グラン・コンプリカシオン」の複雑多機能を、腕時計サイズに収めるという偉業を成し遂げる。

 

21世紀からは引き続き独自機構の開発に取り組むほか、ケース、ムーブメントに異素材を積極的に採用する。2006年には、新型脱進機も考案し、次世代を牽引する時計界のリーダーとしての役割も果たしている。



前ページ: ブランド時計コピーオーデマ ピゲから格闘家、魔裟斗の限定モデルが発売
次ページ: 雪鉄はDSで夢シリーズの腕時計、オフィスOLに適していて