ホーム >>最新情報
あなたは知っている時計の保守技術、店長の紹介

ストラップ:丁寧も時による

夏はなるべく少なく戴ベルト腕時計から汗が出た後にベルトがかかると腕に装着者、令が調子が悪くて、しかもベルトの汗極困って洗って、長い装着が生じるだけでなく異臭もバンド変形、硬化甚だしきに至っては断裂。鋼のバンドをつけました汗は滑りやすくて、もしあなたの腕時計防水性能はごじゅうメートル以上で、蛇口洗洗浄してバンド汗。ゴムを恐れずに、水は恐らく油、材質は次第に硬化、破壊、又不可逆過程。

巻く:親の力は

大多数の自動巻き腕時計でも手動でバネ、特に初装着や停止が歩いた後に再び装着時まず手動で足をバネに提案、頼りに满弦自動陀。手動巻き腕時計を感じで不動の絃の時意味バネがいっぱいだが、自動巻き腕時計は基本的には感じられないので、自動巻き腕時計の回数も少なくよんじゅう提案寧なかれ、上下左右の基本的な保障がいっぱい。しかしよく手動でねじを巻くように、頭の防水パッキンの有害な影響を与える時計の防水機能。



前ページ: IWCポルトガルシリーズの腕時計、航海者IW371438シリーズ
次ページ: Zenithパイロットシリーズ11.2430.4069 / 21.C773腕時計の紹介!