ホーム >>最新情報
漆と螺鈿(らでん)で星空を表現したミドルサイズのムーンフェイズ 限定モデル「月讀(つくよみ)」登場

2000年のロレックスコピー登場以来、「宙空(ちゅうくう)の美」をデザインコンセプトとして、独創的なデザインとクオーツによる複雑機構を提案し続けている「カンパノラ」。新製品は、最も身近な天体である「月」が浮かぶ星空を漆と貝の真珠層を散りばめた伝統技法の螺鈿で表現した美しいムーンフェイズモデルです。デュラテクトDLC※1を施した漆黒のケースに、黒染め白蝶貝と黒漆に螺鈿の文字板を組み合わせた限定ならではの仕上がりで、古事記では夜を司る神として登場する「月讀(つくよみ)」と名付けました。


ムーンフェイズには神話「ヴィーナス誕生」や「眠れるヴィーナス」に登場するヴィーナスの表情をカンパノラオリジナルで描いています。月齢を表すムーンフェイズ(1周:59日)の表情により、針の動きとは異なるグラフィカルな時間の流れを感じることができます。月からの波動を精緻な白蝶貝の彫刻で表現した文字板、その6時位置には、漆と螺鈿が艶やかに煌く小窓を配しています。腕元に目を移すといつでも月と星空をお愉しみいただけます。


ケースサイズ40mm以上が主流のカンパノラにあって、36mmの小ぶりなケースサイズはコレクションの中でも最小サイズで、男女問わずお使いいただけます。また他のカンパノラコレクションとのペアリングも新たに提案します。



前ページ: 再薄弱で、それも高級品——2015年バーゼル表展あれらの高复腕時計
次ページ: 「桜空」をテーマにした、替えバンド付きの限定モデルが登場