ホーム >>最新情報
ジャケ・ドロー「グラン・セコンド」に新作3モデルが仲間入り

 ジャケ・ドローが2017年のバーゼルワールドで発表した新作「グラン・セコンド セラミック クル・ド・パリ」の3モデルが日本入荷を開始した。


 ジャケ・ドローといえばオートマタやアトリエ・オブ・アートで独自の世界観を展開し続ける一方で、この「グラン・セコンド」もエントリーモデルとして根強い人気を確立している。12時位置の時分表示と6時位置の秒表示インダイアルが重なり合うデザインなど、シンプルながらも同社の個性が巧みに表現されたコレクションだ。


 今回の3モデルは、小さなピラミッド型の突起が連なったデザイン「クル・ド・パリ」のギヨシェ装飾ダイアルが特徴だ。従来のクラシカルな味わいをより表情豊かに引き立てている。レッドゴールドの針も、モノクロームなトーンの中で控えめながらも存在感を放ち、華やかさを演出する。


 ケースはいずれも傷の付きにくいセラミックス製で、パワーリザーブも約68時間と十分だ。レプリカ時計それぞれ世界限定28本のモデルで、ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。日常使いのできる1本に、ジャケ・ドローという選択を加えてみてはいかがだろう。



前ページ: 【プレSIHH2018】IWC 創立150周年記念 ジュビリーコレクション
次ページ: 六本木ヒルズにカルティエ ブティックがオープン、日本限定モデル先行発売も