ホーム >>最新情報
新しいチップを開発し、腕時計を入れ、人の顔を識別するために使う

海外メディアの報道によると、Googleとフィッシングは、1種の小さなチップを連携して開発している。このチップは、パネライコピー腕時計や腕帯の中に、ジェスチャーを探知し、人の顔を識別することができる。

フィニッシュは、レーダーセンサーの半導体を開発しており、Googleと連携して、この半導体を自動車安全などの分野に投入する方法を検討している。

「このチップは動作を監視することができ、人の顔を識別することができ、その上サイズが小さいので、ネットワーク、腕時計、フィットネス・バンド、あるいは運転手の補助システムに使われるべきだ」としている。

Googleは自動車メーカーとの提携を強化しており、数車種はすでにGoogleのAndroid車載情報エンターテインメントシステムを統合している。宝馬は新世代7系の自動車装備Googleという車載システムで、このシステムの情報娯楽機能はジェスチャーによって制御されている。



前ページ: GPシガンブランド、リリース70周年スペシャルリスト
次ページ: 「インターネット+時計」、「腕上革命」を巻き起こす