ホーム >>最新情報
GP、マーク絵とエナメル工芸腕時計

エナメル表ごとにエナメル匠師が手作業で作った工夫をしている。エナメルの焼いた技は長く受け継がれ、厳しい製作基準、調合、工芸の面では一切の妥協がない。エナメル工芸はエナメル釉薬を焼いて溶化し、付着して凝固し、釉薬を和やかに溶け込むような美しさを示す。エナメルの色は、時間の変遷や外因によって消えることはない。GPシケ表は、特に3つの限定版腕時計を発売し、章絵と糸エナメルの2つのコア工芸を採用して、見事な製表の芸を披露する。

微絵エナメル:まず基底に白エナメル。精密顕微鏡を借りて、カラーエナメルの釉薬で図案を描きます。鮮やかな明るさから順々に色を塗って、1階ごとに時計を窯に入れて焼く。パネライコピー最後に表盤に透明エナメルをかぶせて釉工程を完成させました。

エナメル:金線を使って図案を構成し、エナメルを施します。職人はブラシを使って液状のエナメルの釉薬をでこぼこの模様に詰め込む。その後、窯に入って800度と高温で焼かれました。冷却するには、硬石の砂や水で余分なエナメルを磨く。金剛石ヤスリを使って、表盤に手を投げ、最後に「上光」(Doring)が焼かれ、エナメルが輝いている。



前ページ: 睡眠の質を監視するスマート時計
次ページ: IWC発売、新しいPortofino女性時計