ホーム >>最新情報
バーゼルの時計企業に入ります。

毎年春にスイスのバーゼルで行われている時計のジュエリー展は、時計分野のトップスターといえます。バーゼルの展示館に進駐するのは、多くの時計企業の夢です。2012年、ドアダ、カモメなどの中国の時計ブランドが再びバーゼル会展の中心に現れ、世界の名表と肩を立てて、人々の目を引きつける。中国の自主ブランドを作る道で、中国の時計企業は自分の努力をしています。

バーゼルの時計の宝石展は共に6つのホールに分けて、1号のホールは以前は国際的に有名な時計のブランド、特に高級品のブランドの領地です。昨年、中国の深圳から来た「飛亜達」は実力と卓越した努力で1番の展示場に進出し、メディアの競演が報じられた。

今年、リアダは再び1号のホールで1席の地を占拠して、 リシャールミルコピー精巧で上品な展示台の設計は国際時計企業の品質を体現しています。2001年に初めてバーゼル時計ジュエリー展を進駐し、6番のホールでは屋台を占め、昨年になって華やかに輝いた1番の展示室で、飛亜達の国際化の道があった。ドアダ海外市場の総経理の王超さんは、2001年に初めてバーゼルに進出し、10年の堅持を続けていて、ドアダのブランドイメージが高まり、バーゼルの主な目的はブランドイメージを広めたいと言っています。現在、飛亜達はすでに全世界の十数カ国で販売網を確立しており、ブランドはすでにかなり有名である。バーゼルでは来年、より顕著な位置になり、面積も3倍になる。



前ページ: ソニーのスマート時計SmartWatch:メールを読むことができます。
次ページ: Swatch オークション殿堂入りの最新腕時計、紹介!