ホーム >>最新情報
ロレックスコピー、空中覇王型腕時計評価

ロレックスの空中覇王型腕時計は、飛行機の先駆者に敬意を表し、カオイ式の腕時計が航空史上の重要な役割を呼んでいる。その直径40ミリのカキ式鋼のケースは、配備カキ式ソリッド鎖リンクバンド丶カキ式摺ボタンや富個性ブラック文字盤、新型空中覇王型腕時計は実用機能を搭載し、更にクラシカルなスタイル。新型カキ式恒动空中覇王型腕時計保留50年代のモデルの美学の特色のあまり、そして改良に合わせて現代の装着が必要で、元の継続ロレックスカキ式腕時計と航空機分野の淵源。

ロレックスコピー時計採用カキ式鋼鍛造鋼腕時計ケース。ブランド開発からのカキ式鋼属904L鋼類、この超合金広範にハイテク、航空や化学工業、故きっと高い学歴耐食性。カキ式鋼は非常に丈夫で磨きやすい、たとえ最も極端な環境で、その美しい態は減らない。

空中覇王型腕時計配備富個性ブラック文字盤、さん、ろくやきゅう、く時位置表示特大アラビア数字、分目盛目立つために突き出て、航行がはっきり読んでた時。文字盤の上の「Air& # 8209 ;キング」(空中覇王型)と、フォントでは1950年代にもっぱら元モデル腕時計で設計。



前ページ: THOMAS SABO紳士自動腕時計シリーズ、紹介!
次ページ: Sony簡略化版の電子インクの腕時計、正式に上場する