ホーム >>最新情報
腕時計のこれらの基礎知識は、身につけなければならない!

スーパーコピー腕時計の石英技術はどの一年誰によって発明された。

多くの人が勘違い時計石英技術は日本人が発明した。実は1967年、スイス設計と開発研究グループ初の電子時計悪賢い心と呼ばれる、石英悪賢い心。この技術を使って電池の電気エネルギーから、もっとを切り開いたダイオードとその後液晶表示の発展の道。

しかし石英技術運用腕時計では、日本精工(SEIKO)の発明。1969年じゅうに月25日、セイコー成功は石英悪賢い心小型化し、東京が発売された初のクォーツ腕時計ブランド「Seiko Quartz Astron」、然日本はクォーツ技術の発明は、しかしSeikoセイコーはじゅう年苦心して研究するた。主な技術を発明した:石英結晶切断の形を調整する音叉のスタイル。水晶時計の登場が生じたタブ技術の急変によってスイス業界の大規模を縮小:従業員数は1970年から約90000人下落、1984年にわずかに上回る30、000人。一方、ブランド全体から1970年1600間下落、572間。

クォーツ腕時計の振動週波数が高い(32 kHz)で、だからその極めて正確、誤差(速いあるいは遅い)毎日一秒足らず。比べて見て、機械式時計常用の振動をさんやよんしよHz、毎日誤差をじゅう秒足らず。だから、クオーツはもっと正確。



前ページ: 店長の紹介、どう調整時計の時間
次ページ: LONGINES航空の時計を購入するのは良いですか