ホーム >>最新情報
パルミジャーニ・フルリエ、新しい文字盤の「トリック クロノメーター」が登場

「トリック クロノメーター」に新たなダイアルを備えたモデルが登場する。スレートグレーダイアルにライスグレイン模様のギヨシェ彫りが美しい文字盤は、レッドゴールド製ケースに装備される。

パルミジャーニ・フルリエ「トリック クロノメーター」。自動巻き(Cal.PF441)。29石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約55時間。18KRGケース(直径40.8mm、厚さ9.5mm)。30m防水。価格、発売時期未定。

 ミシェル・パルミジャーニが最初に設計した時計を、新たなデザインで復刻した「トリック クロノメーター」。この代表作が、自然の中に存在する黄金比、フィボナッチ・スパイラルに基づいた、松かさのらせん構造をイメージしたギヨシェ彫りによる装飾をまっとった美しいダイアルで登場する。ダイアルのギヨシェ彫りと古代ギリシャの柱基から着想を得た、特徴的なベゼルのローレット加工によるモルタージュ装飾はいずれも職人の手作業で行われる。



前ページ: 「クロノオフショア1 カーボンクロノグラフ オートマチック」
次ページ: 新しい「マスター・ウルトラスリム・ムーン エナメル」が誕生