ホーム >>最新情報
1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”世界でただ1本

2017年1月のジュネーブサロン2日目の朝、ウォルター・ランゲの訃報が会場に届き、リシャールミルコピー時計界は一瞬にして深い悲しみに包まれました。その報は瞬く間に知れわたり、多数のジュネーブサロン来場者が、高級時計産業の先駆者に哀悼の意を表するためにわざわざA.ランゲ&ゾーネの展示ブースを訪れました。ウォルター・ランゲの功績をどのように称えるかと問われたランゲCEOのヴィルヘルム・シュミットは、「ウォルター・ランゲが設立した会社を彼が目指した企業に発展させることが、ウォルター・ランゲへの敬意を表す最善の道だと思います」と答えています。A.ランゲ&ゾーネは、再興の祖の意志と人格を1本の時計に反映させようと考えました。その結果誕生したのが、1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”です。


スティール製ケースにブラックエナメル仕上げのダイヤルを収めた1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”は、世界1本限定モデルです。すなわち、ウォルター・ランゲという人物が2人として存在しないように、この時計も唯一無二の存在なのです。本質的なものだけに絞り込んだクラシックデザインのダイヤルに、目をこらしてやっと気がつくほどの慎み深さで非凡な技術が組み込まれています。ジャ ンピングセコンドがそれです。質実剛健を表現したこの特別モデルは、ウォルター・ランゲが理想とした完璧な時計のイメージを具現した時計だと言えるでしょう。



前ページ: ヴァシュロン・コンスタンタン2018年新作
次ページ: 【ボール ウォッチ】純白ダイアルの日本限定モデルを発売!