ホーム >>最新情報
100万円台?いえ、この高級感で18万円なんです

メカニカルムーンフェイズが搭載するのは、1971年(昭和46年)に発表された46系というスーパーコピー時計自動巻きである。そもそもは平凡な自動巻きだったが、オリエントは細かく手を入れ、やがて同社の屋台骨を支えるムーブメントに成長させた。同社と統合したセイコーエプソンは、46系をさらに改良し、+15秒から-5秒という良好な精度と、高級機のような仕上げを加えた。


その一例が、ムーブメントに使われる青いネジだ。普通、数十万円代の時計に使われる青ネジは、焼いて青くしたのではなく、色を付けた擬似的な青ネジである。加熱してブルーに変色させたネジが欲しければ、最低でも100万円は払わねばならない。しかしオリエントスターは、10万円台の時計に、焼いた本物の青ネジを与えたのである。


他のディテールも手間がかかっている。このモデルが使っているのは、青く塗装した針だ。青焼きでないのは残念だが、青く焼いた針はコストがかさむため、やむを得ない。


ただし、色味は青焼きした針並みには鮮やかだし、分・秒針の先端もきちんと曲げてある。針の先端を曲げると、時計を斜めから見た際に、時間が読み取りやすい。昔の高級時計では、よく見られたディテールだが、コストがかかるため今や採用例は希だ。それにモダンな時計に、曲げた針が似合わないのも事実だ。


日本全国一律に無料で配達、2年無料保証、100%最高N品 ロレックスコピー時計



前ページ: ソニー、電子ペーパー腕時計のエントリーモデル「FES Watch UL」
次ページ: Apple Watchがロレックスを破り、腕時計業界収益No.1に