ホーム >>最新情報
タッチパネル機能の石英時計の時間を調整する方法

タッチスクリーン機能の石英腕時計を調整する際、時計の上のTボタンを見つけて約1秒、腕時計はピューの音がします。この時にみんなはディスプレイを観察して、秒間の数字の上に1つの横線が現れることができます。この時みんなは手で表面のガラスの中心の位置に触れて、ずっとディスプレイに24時間表示されます。待ち続けてTボタンを5秒くらいにして、時計の時計の針が自動的に回転して、それから表盤の文字のある位置の上を聞くと、このときディスプレイを観察して、5つのハロの文字が出てくる。

ボタンを押すと、針順の時計を12時の文字に調整して、2つの+ボタンを押しっぱなしにしていないと、分針が連続して運行しています。ちょっと押してみると、分針が少しずつ移動するので、精細度の調整をしたいなら、このボタンを押してください。

ボタンを押すときは、時計の針を針に合わせて12時の文字に調整して、4つのボタンを押していない-ボタンを入れないと、時間が速く連動して、針は少しずつ移動します。針と時計を12時の文字に整えたときは、Tボタンを押して、時計がピューの音を出してから、時計を押してください。針の針が自動的に数字の表示時間と一致する目盛りになってしまうこともありますが、それはもちろん調整が完了しています。



前ページ: タッチパネル腕時計、知識大講堂
次ページ: 三地で時計はどれがいいですか。日常はどのように保養しますか?