ホーム >>最新情報
腕時計のメンテナンス、非常に重要な内部メンテナンス

磁気保養

生活の多くの電気製品はすべて一定の磁気を持っていて、携帯電話のパソコンもあります。腕時計そのものに実質的な損害を与えることはありませんが、ある程度は腕時計の正確性に影響します。普通に並べている時も、これらの磁気の強い電気製品の周りには勝手に置かないように気をつけましょう。もし、腕時計を磁気にしたように気をつけていたら、通常時計を歩くのが早いです。この時、あなたは専門の修理点に行って修復します。

オイルケア

もし私たちが長い時間に腕時計を使うと、機軸の中のオイルが乾くと、粘りの大きい油汚れが形成されやすくなります。

「油を洗う」というのは工夫を凝らしているので、プロの職人によって決めなければならない。まず、機械のコアの全ての部品を取り外し、専用の洗浄液を使って実行中のオイルをきれいに洗って、乾かした後に専用のオイルをつけ、そのままで完全に組み立て、繰り返し検出したり、調整したりします。

条を出す

毎日最高の発条を固定して、時計を表示しないで夜9時から午前3時までに調整して、時計の機械のシステムを損ないようにしないようにしてください。この時間帯の歯車のシステムは回転して期日を交換している可能性があります。

長い間持っていない腕時計は、毎月1回の発条をしなければなりません。自動機械であれば、1回かけて弦を動かすことができます。このように腕時計内部の部品は長期静止状態ではなく、良好な性能を保証することができます。チェーンを入れるたびに使い捨てになるのではなく、上9分がいいので、近すぎないと発条が切れます。

日本全国一律に無料で配達、2年無料保証、100%最高N品 ロレックスコピー時計



前ページ: Yagimika教室——腕時計の保養知識
次ページ: 時計のベルトが長いのはどうしますか。気軽に解決する