ホーム >>最新情報
月相機能の腕時計、どれぐらい知っていますか?

月相機能の時計は何に使いますか?月相の腕時計を知らない人は月相の機能が複雑だと思いますが、月相機能の時計はそんなに複雑ではありません。元々のムーブメントの中にギアを入れて、文字盤の上に三日月の形の窓を開けます。回転により上弦月、満月、下弦月が順次発生します。経典の月相の円盤の歯は59個あって、毎日回転して、1組の図案の通過の時間は29.5日で、つまり月相の周期は29.5日です。

月相機能の表設計原理:月相機能はしばしば半円窓の中に置かれています。この特定の形は半円弧と二つの小さな円弧を含んでいます。この丹念に設計された形は月のプレートの上の月と結合しています。正確に月が周期的に始まる時や終わる時の形を教えてくれます。

月相機能は29.5日間の周期で月相機能の文字盤に表示されます。この月のプレートには月が二つあります。縁には59のギアがあります。月がギアの回転によって押されて、前にギアを押すと、月の変化が文字盤に表示されます。

月相機能の時計はどう調整しますか?調整する時は旧暦十五月円を基準にして、月相表の月の図形を真ん中に合わせて、当時の陰暦の推計によって調整します。月相機能の時計を調整するときは、夜8時から夜4時までの時間帯は避けましょう。機械の時計は毎日夜8時から夜4時までです。クイックボタンのギアはぴったりと嵌合している状態なので、この時間帯に調整すると部品が故障しやすくなります。

月相機能の時計は時計業界の中で、古くて伝統的な機能です。近年、月相機能は腕時計に使われるようになりました。月相機能付きの腕時計の価格はもちろん高くなりました。月相機能の時計を買う時は、自分の実際の状況を考えて、総合的に考えてください。

日本全国一律に無料で配達、2年無料保証、100%最高N品 ロレックスコピー時計



前ページ: 電子腕時計はどんなブランドがありますか?
次ページ: ティソ腕時計、名実ともにブランド腕時計