ホーム >>最新情報
ジュエリー腕時計、工芸がポイントです。

縁取りのドリルはどれぐらい難しいですか?

いい時計を作るために必要な条件は「完璧なプロセス+材質+デザイン」です。ジュエリーウォッチにとって、この必要条件はもっと厳しいです。

ジュエリー腕時計は、極致のプロセスを見ているだけではなく、ポイントです。

腕時計は工業化された製品なので、その時計の輪もベルトも、文字盤も全部機械で図面の要求によって作られたものです。つまり、私達がよく言っている「一つの型に刻んだもの」は、刻んでからは変えられません。このサイズに合わせて宝石を選んではめる必要があります。ダイヤモンドと宝石に対する要求も特に厳しいです。0ミリぐらいでは入れられないかもしれません。 http://www.yagimika2016.com/sakura_news.asp?page=1

ジュエリー腕時計はドリルだけではなく、究極の工芸がポイントです。

だから腕時計の中で使うダイヤモンドは、一つ一つの台の大きさ、厚さ、切断角度は厳格に基準を守らなければなりません。高級宝石の中で使うダイヤモンドと違って、手で金属の部分を調節できます。しかし、ジュエリーウォッチの調整ができません。時計の輪が調整されてからそろわなくなり、文字盤が調整されると変形して、針が詰まったり、平らにならなくなったりして、美観に影響して、ムーブメントの運行に邪魔になります。



前ページ: パネライ二枚の新しい腕時計PAM 00670とPAM 00656、紹介します。
次ページ: ロンジン、新しいカンカスシリーズV.H.P.腕時計