ホーム >>最新情報
エナメル工芸、エナメル腕時計、男性が一番好き!

時計にエナメルを使うようになって久しいのですが、老舗のPatek Philippeから創業10年余りのロジャー・ドゥービー、革新趣味のアテネから保守まで、丸い形のケースだけを生産する宝パーまで、エナメルの文字盤を発売したことがあります。現在の世界ではエナメルの文字盤を操ることのできる大家は、他の古い工芸の珠玉の透かし彫りの大家よりも少ないと言われています。

「龍トーテム」は世界限定88個のエナメルアート腕時計です。

エナメルには玉の温かみ、宝石の輝き、骨材の細かさがありますが、何よりもこの材質が古く、酸化・色褪せしないことが重要です。百年以上経っても、エナメルの明るい色は褪せませんでしたが、この古い芸道の伝承者はだんだん少なくなりました。今では世界中でエナメルの技を身につけている人は十人ぐらいだと言われています。いつもトップクラスの腕時計のブランドがエナメルの時計を出して、どのみち話題を引き出して、手で制作しますから、工芸は重んじて、消耗のコストはとても大きいです。

「桃花源」世界限定88枚のエナメルアート腕時計

エナメルコレクションの価値が市場に高く評価されているのは、工芸品、収蔵品、投資品のすべての特徴を備えており、万年暦などの複雑な機能腕時計に比べ、エナメル腕時計は多くない芸術的な逸品であり、今後5年間で3~5倍の上昇が見込まれています。今は世界中でエナメルの腕を持っているのは十人ぐらいです。エナメル腕時計は芸術性と豊かな創造力を持っています。



前ページ: 芝柏GP、新品1966ステンレス腕時計
次ページ: 腕時計の文字盤は何ですか?