ホーム >>最新情報
IWCスーパーコピー腕時計、完璧な工芸品

IWCコピー時計ケース製造及び組立

正確さと投入された努力について言えば、ケースの製造は他の生産段階に負けないです。プラチナのケースを作る時、時計工場は放電加工機を使って一キロの重さの金属ブロックから二枚のブランチを切ります。貴重な金属腕時計に対して、そのケースの部品は鋳造部品の形で購入します。精密鋼のケースとチタンのケースは棒の白地の形で提供して、コンピュータのデジタル制御旋盤とフライスの上で加工して成形します。部品の最大許容円度誤差は0.03 mmを超えてはいけません。フライス盤はバンドやチェーンを組み立てるための時計耳を切断し、ケースの中には冠とボタンを取り付けるための穴を加工し、複雑な粗面を作ります。例えば、達文西時計のような効果があります。機能操作装置を完成すると、職人たちは正確なプロセスを駆使し、IWC万国表の基準に従って表面を修飾します。まずエッジの位置をきれいにして滑らかにして、必要な部位に研削を加えて、すべての旋削、研磨及び加工の痕迹をクリアして、更に表面のために磨きと研磨を行います。この時、装飾の専門家はケースや部品の表面に丸い紋様の粒子面などの装飾的な効果を作り出します。その後、60個以上の異なる部品をケースに組み立てる。最後に、防水性能や外観検査などの複雑なテストを行います。

これらの部門では、すべての工程は人手で進められています。特定のモデルによっては、専門家の手で時計盤を調整済みのムーブメントに取り付けたり、専用のツールを使ったりします。ポインタの取り付けは、その上、正確な高さに設定し、対応する枢軸としっかりかみ合うようにします。時計の中で、針は絶対的に正確にゼロの位置に合わせなければなりません。ムーブメントをスリーブに固定するか、ケースに直接固定します。セットリングでムーブメントの芯を締めると、ベースカバーの波形スプリングでスリーブを固定します。チェーンバーを一つ一つ調整するために、トップがチェーンバーの端に回転した後、独特の接着剤でしっかり固定します。



前ページ: 漆を使って文字盤を飾る腕時計、紹介!
次ページ: ウォッチ、母の日の特別腕時計