ホーム >>最新情報
昔を彷彿とさせる:ポケットウォッチ現代の懐中時計のレビュー

1980年代の機械式時計の復活は、高級時計の開発が鑑賞や収集にシフトし始めたことを意味し、それ以来、それは機械工芸品や装飾芸術の分野でより多くの可能性を切り開いてきました。そのような変換はまた、懐中時計を含む時計の形に固執する必要がもはやないキャリアとしてのブランド時計コピーを作り、さらに大きな時計も機械芸術または装飾芸術のための完璧な舞台として使用することができる。


その中でも、腕時計よりもわずかに大きく、持ち運びの便利さを考慮した懐中時計は、人気のある選択肢です。実際、17世紀から3世紀にわたって普及してきた懐中時計は、時計芸術の発展の黄金時代と言えるでしょう。それは今日の時計製造プロセスの進歩に大きな影響を与えます。懐中時計の実用的な機能は、20世紀に入ってから次第に小型の時計に置き換えられ、時計の技術は発展し続けるために時計に移されました。そのため、今日の懐中時計などの時計を技術的な裏付けとして新しい時計技術を再解釈すると、芸術やその他のレベルを含むパフォーマンスに焦点を当てることで、より多くのスペースとマージンが得られ、より良い勝利を収めます。過去の芸術的価値において、これは現代の懐中時計の魅力でもあります。



前ページ: 人生初の衝撃的な挫折を乗り越えた方法
次ページ: ロレックスとF1が上海で傑出したイベントを開催