ホーム >>最新情報
飛士天:水袋に入れた防水腕時計

今の腕時計は普通に市販されています。防水時計と称されています。防水深さは数十メートルから数百メートルまであります。でも、本当に防水できる時計は珍しくて、この前には昆山百盛の浪琴専門店で買った防水腕時計は防水ではないとネットユーザーが掲示板で暴露しました。腕時計をつけて顔を洗って口をすすぐだけだと友達が言いました。文字盤の中に薄い霧がかかっています。もちろん、これは時計の材質と関係があります。例えば、金の時計の価格は高いですが、防水性能は数百元のものより優れていないかもしれません。高級なノンプロの腕時計と普通の中でも低レベルの腕時計は防水効果に大きな違いはありません。

1902年にスイスで創業した腕時計ブランドFESTINA飛士天が生産した本格的な防水時計です。腕時計の販売は普通の腕時計のように専門のカウンターに置くのではなく、蒸留水がたっぷり入ったセロテープに入れるものです。袋の外から見ると、腕時計は蒸留水に浸しても正確に時間を表示することができます。セロハンテープは腕時計の動きを一目で見ることができるので、消費者もすぐに腕時計の製品に信頼感を持つようになります。FESTINAが自分の製品をこのように展示することができたのは自分の製品の品質に対する信頼を十分に示しています。



前ページ: ショパンHappy Diamonds Butterfliesシリーズ腕時計、紹介!
次ページ: Senator手動上チェーン透かし腕時計