ホーム >>最新情報
違う腕時計は、どのように日付を調整しますか?

異なった腕時計は異なった調節方式があります。日付付きの腕時計は必ず午前と午後の区別があります。このように腕時計が動いている時は時計の針が文字盤の二周の日付と曜日をめぐって動きます。この詳細を知ってから腕時計はより簡単に調整できます。

日付を調整する時、第一歩は時計の冠を抜きます。腕時計の針は動きが止まって、時間を調整します。時間は6時の上に置いて、日付を調整することによって、ムーブメントの部品の損傷を避けることができます。冠を後ろに回すと調整時間と日付が入ります。腕時計の各針が動き始めます。この手順の後、腕時計はどのように日付を調整しますか?日付を調整する時は必要な前の日か日曜日まで追いかけなければなりません。

リシャールミルコピー腕時計は調整する時、正しい手順で冠を使って時間を調整します。時計回りに回転します。動作はできるだけ軽くしてください。時間が二回回ったら日付が今日に変わることに気づきます。今日の時間点を確認して、冠を押せばいいです。これはなぜ曜日と日付を調整する時前の日に調整しますか?腕時計はどのように日付を変えますか?その中の細かいところはやはり注意します。

注意すべき問題点は、日付を調整する時に日付が当日だと言えば、時間も現在の時点ですが、日付を一日前にしていないと、調整する時に時計の針が最初の12時になったら、また歩き続けると次の12時に日付が変わります。腕時計はどのように日付を調整しますか?日付を調整する時は必ず日付を一日前にして、時計回りで現在の日付をロックします。そうすると、調整する時は簡単に間違いなく、日付の調整も比較的正確です。

日本全国一律に無料で配達、2年無料保証、100%最高N品 パネライコピー



前ページ: ベルトはどう交換しますか?店長の木曜日ご案内
次ページ: 中国腕時計おすすめ、エスパー腕時計