ホーム >>最新情報
チューダーもロレックスと同等の5年保証が適用

1926年、ロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフがロレックスの技術と信頼性を備え、先駆的な腕時計を創りたいと考え、「チューダー」を設立した。現在は「Born to Dare(挑戦者の精神)」というフィロソフィーのもと、ロレックスとは異なる独自路線を開拓。スイスクロノメーター認定のブランドコピー時計高精度な自社製ムーブメントの開発や、革新的かつ機能的なデザインの構築、ハイパフォーマンスといった要素で時計市場を席巻している。以前から日本上陸のウワサは何度かあったが、ついに2018年秋から国内展開をスタートさせた。


2019年も「ブラックベイ クロノ S&G」や「ブラックベイ P01」といった新作のリリース、チューダー ブティック 銀座のオープン、記憶に新しいラグビーワールドカップ2019日本大会の公式タイムキーパーなど、チューダーは話題を振りまいてきた。そして2020年の一発目が、“5年間の国際サービス保証の付与”である。これまでは国内はもちろん海外の正規販売店で買ったチューダーウオッチについては、購入日より保証は2年間とされていた。しかしこの1月1日より、同社の全コレクションが最大5年間の保証へと延長されたのだ。

日本全国一律に無料で配達、2年無料保証、100%最高N品 パネライコピーウブロコピー等。



前ページ: 時計を着せ替えるという斬新な発想
次ページ: ショパールの持てる技術を惜しげもなく投入した意欲作