ホーム >>最新情報
デイリーブレゲに最適な3針+チタンケースのマリーン

スポーツウォッチ然とした押し出しの強さを和らげ、シーンを選ばないオールマイティーウォッチへと進化したマリーン。シリーズ唯一となるチタンケースには、ロゴから放射状に拡がるサテン装飾が施されている。ケースサイドのフルート装飾など歴代機に見られるディテールを踏襲しながらも、波形のリュウズガードなどに、造形面での新しい試みが盛り込まれた。


今年初開催されたスウォッチ グループの独自展示会「TIME TO MOVE」でお披露目されたばかりの新作。「マリーン 5517」のケースバランスをそのままダウンサイズしたレディスピースの登場で、ペアユースも可能に。ホワイトMOPを使ったダイアルには、〝マレア装飾〟と呼ばれる複雑なウェーブパターンがギヨシェ彫りされている。



前ページ: スイス伝統の時計づくりとイタリアの革新性が融合
次ページ: スケルトン仕様の自社ムーブメントを搭載するビッグクラウンが