ホーム >>最新情報
ブランパンから子年向けに初のポーセリンダイアルを備えた

十二支の子年を記念して、ブランパンがメティエダールのアトリエで完全に手作業で制作された、初のポーセリンダイアルを備えた時計を発表しました。傑出したタイムピースは8本の限定エディションとして発表され、ル・ブラッシュのマニュファクチュールにおける中国の伝統的な技術の導入を体現しています。


 幅広い装飾技術と受け継がれてきた手工芸を極めた職人たちを擁するル・ブラッシュのマニュファクチュール ブランパンは、時計製造の芸術的手工芸を牽引する中心的な存在となりました。ブランパンは、新しい形式のクラフツマンシップをアトリエに取り入れることによって、定期的にその専門技術を広げる努力を重ねています。このような背景を踏まえ、1年以上の開発およびテスト期間を経て、この度マニュファクチュールは設計と製造をすべて自社で行った初のポーセリンダイアルを発表します。


 長時間の乾燥と焼成段階によって区切られる複数の手順を含め、ポーセリンダイアルの制作には優れた技術力と忍耐力が必要です。主に石英、長石、陶土で構成される粉末状のポーセリンは、まず水と混ぜ合わされます。そうして得られたパルプ状の液体をろ過し、すべての残留物と不純物を除去した後、文字盤の形をした鋳型に流し込みます。型から取り出した後、ブランド時計コピー文字盤を24時間乾燥させ、同じく24時間かけて1000℃で焼成します。窯でのこの最初の手順は文字盤を硬くするものであり、エナメル加工のための下準備となります。この後、エナメルを文字盤1つ1つに手作業で正確に塗布していきます。その後、1300℃で2回目の24時間焼成を行って、ポーセリンをガラス化します。これによって光沢のある半透明の輝きが生まれ、永続的な安定がもたらされます。



前ページ: 東京マラソンを盛り上げる特別デザインや裏蓋のロゴ
次ページ: ブレゲからねずみをモチーフにしたブティック限定モデル