スーパーコピー時計 >>最新情報
ひと味ちがう「青」を纏ったチューダーの新作ダイバーズ

1958年はチューダー初の200m防水ブランド時計コピーとして開発された通称「ビッグクラウン」(Ref.7924)が発売された年。その記念すべき年にちなんで命名された「フィフティ・エイト」に新色モデルが登場。径39ミリと小ぶりのケースは、日本人の手首にしっくりくる大きさ。モデル名にまで採用された新色“ネイビーブルー”には、実はチューダーのダイバーズウォッチの栄光の歴史が秘められている。


1969年、文字盤とベゼルにブルーを採用したダイバーズウォッチを発表。その後多くのスポーツモデルにも次々とブルーが採用され、世界中に「チューダー ブルー」として広く知られることとなった。また、1970年代にフランス海軍が採用したチューダーのダイバーズウォッチにも同色が用いられていたのだ。



前ページ: ジラール・ペルゴからレッドの限定モデル
次ページ: 2020新作都会的なフォルムが多様なライフスタイルを表現