ホーム >>最新情報
ジャークの独ルーマニアの探求はどのように機械の芸術を生命に現れ出ます

ジャークの独ルーマニアの金が技術を彫りを言い出して、どうしても言わなければならないのはブランドのここ数年来出す愛のチョウの自動人形(LOVING BUTTERFLY AUTOMATON)の腕時計です。このシリーズの腕時計が初めて出すのが2017年に、ブランドの誕生280周年の特別な祝いの贈り物として。このシリーズの腕時計設計の霊感はブランドの創始者のピエール・ジャークの独ルーマニアの子に源を発しに来て、天才の表を作成する師のヘンリー―ルイ・ジャークの徳羅所の創造する“画家”の自動人形、この自動人形は4枚の図画を絵を画きだすことができって、その中の1枚の図画は愛の神のキューピットが現れてチョウの影響を及ぼした軍事用の車両に乗って森林の間で泳いでいきます。

200数年隔てていて、ジャークの独ルーマニアは今なお今なお探求してどのように機械の芸術を生命に現れ出るかに力を尽くして、ブランドの表を作成する大家と名匠達は自動人形の制作した“愛のチョウ”の1図を、金が技術を彫りをキャリヤーにして時計の文字盤の上にあったのが現れます。図の上でこの隕石の盤面のよくのチョウの腕時計は2018年に出すので、ジャークの独ルーマニアは隕石の盤面のために赤い金の材質によく合って、赤い金のきめ細かいのと隕石の天然の筋模様は互いに補完し合います。盤面の上で現れたシーン、イベントの人形も皆金のから技術を彫って作ってなって、時計の文字盤の両側の詳しく説明する精巧で美しい背景のようで、これらは質感の木の枝をかなり備えて、職人のから特に注文して作らせる道具を使って、0.2ミリメートルだけの厚い赤い金の上で精致な脈絡の筋模様を彫り刻みだします。

チョウと軍事用の車両は真珠や宝石の職人の彫刻しだした数十件の固定とイベントは構成を埋め込みします。私達に注意深くこれらの金の彫る細部の場所を見てみに来て、愛の神のキューピットの胸に成算があるかすかな表情、チョウのきわめてもろくて弱い足部と触角に着く、またうろこの翼に着く上からの模様の斑点は、はすべて全て大小が浪費して失って、称することができて天然自然の物より勝ります。私も時計の文字盤の上のイベントの人形に彫刻すると思って、実は普通な金に比べて技術を彫ってまた(まだ)要する更に難しくて、過程でモジュールのイベントを考慮に入れるのを彫刻しているため、これらの小さい技術のリンク所、ジャークの独ルーマニアの職人達のすばらしい完成したこの任務、彼らは金について技術のこの技巧の細部を彫ってとらえるのに現れ出るだけではなくて、これらを件に扮して現れて精巧で美しくてきめ細かくならせて、また(まだ)それを生命力に煥発してきた、このすべては全くブランドの職人の大家の精密で精巧なワシによります。ジャークの独ルーマニアの芸術の作品の私にあげる感覚は、最もどのように作品の現れる自然を知っていて、それは恐らくキューピットはチョウの軍事用の車両とこのような奇異な芸術の題材でえこひいきして、同じく自然と体現していたでしょうはほど良くて、生き生きとしている質感を創建し営みだします。



前ページ: ロレックスOysterflexゴムは2つの特徴に付いています
次ページ: アテネは中華の伝統の天壇建てる特色を結び付けます